新宿御苑前格安貸し会議室が考える、トヨタが異業種と競合したら

東京の新宿は、新宿御苑前にて貸し会議室を運営しております「新宿セミナーオフィス」です。
四ツ谷三丁目からも徒歩3分、新宿三丁目も徒歩圏内です。

セミナーや会議に必要な備品は全て無料でお使いいただけるので、
トータル格安料金にてご利用いただけます!

2019年1月現在、最大15名、24名の二会議室をご用意いたしております。

貸し会議室の運営もなかなか難しいものでして、
名古屋と大阪でもやっているのですが、東京が一番むつかしい!

そんなこんなで日経新聞の記事を見ながら、日々勉強をしている毎日ですが。

今回、下記の記事について考えてみました。

トヨタ、異業種と生存競争 社長「ルール変わった」
研究開発、今期も1兆円超

すごい!

研究開発費で1兆円って。。

売上目標一兆円ッていてた企業がありましたが(元職場ですが)、開発費でそれいっちゃうって。

設備投資も入れると、2.4兆円だそうです。

もう、わけわからんですね。。

純利益もそれくらいあるみたいで、普通に税金はらってたら(ふつうにね)、国家予算の2%くらい?
影響でか過ぎませんか?

すごいすごいっていってても、弊社新宿御苑前の貸し会議室がどうとなるわけでもないので、ちょっと考えてみます。

で、です。

日本の大企業筆頭ともいえるトヨタ自動車ですが、その株主総会で危機感をあらわにしたと。

「未知の競争である」と。

研究開発費でこれだけの額を出していますが、

グーグルやアップルには到底歯が立たない状態とのことです。

もうグーグルやアップルとかそう言った企業は、もう小さい国の国家家予算レベルですよね。
いや超えちゃってるでしょう。

さて、この自動車業界までも「未知の競争」と言わしめてえいるのが、

IT関連の会社でしょう。

グーグルにアップルに、ほかにも。

まず、自動車という乗り物の仕組みが大きく変わろうとしている。

それによって、本来字移動車メーカーの心臓であった「エンジン」が意味をなさくなるから、
他の業種でも参入ができるようになること、がやっぱり一番の理由でしょう。

で、じゃぁ、次の心臓になるのはなにかといったら、ソフト部分だと。

自動運転。

自動運転は、もう情報処理の塊だと思います。

映像、電波、音声、すべての情報を順次に解析して、適切な運転をする。

どでかいコンピューターが搭載された状態でしょう。

それが、今後の心臓になってくるとすると、主導権を握れるのが、グーグルなどのIT系の企業になってしまうわけで。

そういった意味で、トヨタ自動車はじめ、自動車業界が戦わないといけない相手が、変わってきている、といいうのがあるでしょう。

自動車企業の技術提携もそれによって進んでいるものと思います。

商用車で、日野自動車がVWの商用車部門がタッグを組むっていうのが、業界では信じられないほど驚かれたようです。

新しい技術とか、今回の自動運転にしろ、導入が一番先にされるのは、

間違いなく商用車ですから。

コスト的な部分も、試験的な部分も含め。

その最たるものが、F1というモータースポーツに最新技術が盛り込まれる、というものでしょう。

純粋に、ただ、速く走らせる、という商用車です。

いずれにしても、そういったIT系のライバルの出現で、ライバル通しであった会社も手を組むと。

すでにITと自動車メーカーが組んでいるのももちろんありますが、

トヨタもそういしないとやっていけない、というのはもちろんあるでしょう。

トヨタとしては、ハード面での一日の長はありますが、

ただ、電気自動車となったら、どうなるのでしょうか。

そこまでこれまでのノウハウが生かせるのかどうか。

テスラがアメリカですでに既存の自動車メーカーを抑えてトップになってしまったのも事実です。

近い将来、日本もそうなってもおかしくない。

あそこも、エンジンメーカーではないですよね。

電気自動車になったからこそ、上がってこれたわけで。

エンジン制御から、モーター制御。

バッテリー技術。製造。

もう既存の自動車メーカーがどうなるか、ほんとに未知数です。

自動車業界が手を組みたくなるのもわかります。

で、日本のエンジン自動車メーカーは、

果たしてエンジンを廃られるでしょうか。

否定できるでしょうか。

その辺の本気度が、問われそうな気がしてなりません。

これまで、100年以上も頑張って技術開発してきたものを手放す。

できますかねぇ。

トラクターとか、一部では残ると思いますが、

自家用車ではエンジン社が今後なくなってくるでしょうし。

ほんとに、どうなるんでしょう。

いつか、トヨタが大企業でなくなる日も来るのでしょうか。



コメントを残す

サブコンテンツ















このページの先頭へ