新宿御苑前貸し会議室が考える、ニトリはどうして他社から学ばなかったのか?

東京の新宿は、新宿御苑前にて貸し会議室を運営しております「新宿セミナーオフィス」です。
四ツ谷三丁目からも徒歩3分、新宿三丁目も徒歩圏内です。

セミナーや会議に必要な備品は全て無料でお使いいただけるので、
トータル格安料金にてご利用いただけます!

2019年1月現在、最大15名、24名の二会議室をご用意いたしております。

貸し会議室の運営もなかなか難しいものでして、
名古屋と大阪でもやっているのですが、東京が一番むつかしい!

そんなこんなで日経新聞の記事を見ながら、日々勉強をしている毎日ですが。

今回、下記の記事について考えてみました。

ニトリHD、最高益に死角
純利益、前期7%増 都心出店、販管費膨らむ

ニトリの記事ですが、内容を簡単に言うと、

売上は上がったものの、都心部への出店を増やしたことのよる、人件費、配送費がかさんだことと、店舗改装を行った経費がおおく、

予想を下回る経常利益となった、とのことです。

えーっと、、

売上は上がったのに、利益が下回ったというのは、

やはり予想より経費がかかっちゃった、ということでしかないわけですね。

都心部に主点を増やしたことで、そういう予想が立たなかったのか、ということになりますが。

確かに、東京でお店だしたら、大型店っていうだけで相当ハードルがあるでしょうし、

家具っていう大物を買おうと思ったら、車で来るしかないですが、

東京では車止める場所を確保できませんよねぇ。

そうなると、家具配送が増えるわけですが、その経費もかかると。

自社配送の場合、その辺はうまくできそうな気がするのですが。難しいんですね。

確か、ニトリの配送は、椅子とかなら一脚500円くらいだったかな?

テーブルとか、ソファの大物だとどれくらいなんでしょう。

IKEAだったら3000円でもろもろ配送で簡単ですが。(結構前なので、今は知りません!)

で、そういったのに思いの外経費が係っちゃった、ということらしいです。

人件費は、もうこれはほんと、切実な話ですね。

東京だと、ファミレス店員とか、マック店員、いくらで出しているんでしょうか。

名古屋だと、名古屋駅周辺でしたら時給1000円ではもう集まりません。

1100円とか、1200円とかあります。

美味しいですよね。

私、派遣社員をやったことあるんですが、時給1500円でもかなり儲かったんですが、

これだとバイトでもあんまり変わらないですよね。

雇う側もほんとたまりません。

弊社、名古屋駅前で貸し会議室、ということで、募集を一般事務、受付、等でだしますが、

それでも時給1000円では競争力がありません。

ましてや、土日の人員確保などは相当大変です。。

ああ、日曜は無人会議室にしようかな。

本気でそう考えています。

ニトリの話に戻して、

売上が伸びた理由としては、Nウォーム、という別途マットレスなどの看板商品がよく売れた、とあります。

ユニクロもそうですが、今の量販店は自社開発の目玉商品を持っています。

というか、そういうのがないと、競争できないのでしょうか。

デザイン、はいろいろありますし、IKEAなんかも簡単組立や受けるデザインを開発しますが、

機能性での開発ではないとおもいます。

Nウォームといのは機能部分から自社独自、となるわけでして、

開発部門もあるっていうのが、単なる大型量販店とは違いますよね、と改めて思います。

家電の場合、その製品の複雑さから自社開発などは到底無理で、

せめてプライベートブランドとなるわけですが。

ゆくゆくは、自社開発製品も出てくるのでしょうか。

アイリスオーヤマがやったらいいのに、と思ったりします。

あそこ、家電を何でも作ってますよね。

正直、すごいな、と。

まぁ、販売店販売店で固定費がすごそうなんで、

簡単にはもちろんいかないのですが。

で、ニトリの場合、あと売れる店舗づくり、というところでも相当研究してるようで、

以前何かのテレビで見ましたが(もちろんバラエティーですw)、

お客さんの動線からどういう製品は一にするかなど、そうとう研究しているようです。

それに比べると、家電呂範店などは、特に変わったりしてないよなぁ、と思うんですが、

どうなんでしょう。

いろいろ陳列入れ替えたりしているんでしょうか。

もっと言うならカインズホームなんて、店舗によって売ってるものも並べ方も

全然違ってて、他店に行くと大概さがせませんw

こう、いらっとするほど!

ほんとに。

リフォーム材補充しようと、現場近くのところにいくと、

大概置き場がわからない。

店員に話すと、各店舗、力を入れている商品が違うので、

店舗ごとに変えているんですよって。

プロがコーナンを使う理由がわかります。

カインズはどちらかというと、資材よりは、地域の方たちの日用品、というイメージでしょうか。

まぁ、イラっと話をしても仕方ないんですが。

で、です。

予想と外れる売上、利益。

売上が増減するのは、まぁ仕方ないとして、

利益は売上と支出の差分であって、

売上が上がてるのに、利益が予想以下、となると、

両方を間違えているということで、

これはちょっと、計画として、どうなのかなぁと。

せめて売り上げに連動して利益がこうなった、

支出部分は想定通りだったんだけど、くらいにしないといけないんじゃないかな、

と思ったりしました。

が、まぁ、規模が大きいと、ひとりひとりの給料がちょっと上がっただけでも、

莫大な数字になりますから、変動も大きくなりますね。

弊社のような、東京は新宿にちらっとあけている程度の貸し会議室では、

売上はわかりませんが、経費はぴったりで!

で、ニトリの死角って見出しだったんですが、死角って結局何だったんだろう。。

都市部の出店が見切れてなかった、ということかかな?



コメントを残す

サブコンテンツ















このページの先頭へ