新宿 備品無料の格安貸し会議室が考える 民泊と価格競争

新宿の備品無料 格安貸し会議室 運営オーナーが日々の出来事から考える

民泊、価格競争促す ホテル宿泊料9%減

日経新聞のそんな記事から、考えてみました。

こんにちは。
新宿で備品無料、格安で貸し会議室を運営しております、新宿セミナーオフィスです。

貸し会議室運営もなかなか競合が多く、大変ではありますが、日経新聞でいろいろな記事を見ながら、日々考察する毎日です。

 

またしても、民泊。
弊社、東京は新宿で貸し会議室をおこなっておりますが、民泊にもおおいに興味があったりします。

共通項としては、不動さんであること。そしてその中でも格安で簡単に借りられる、というところでしょうか

弊社も格安の貸し会議室を行っているわけですが、予約もできるだけ簡素にしているというのもあります。
ただ、ポータルサイトのように、ボタンひとつで、というわけにはいきません。

入金もしてもらわないといけないので、請求書を使うとか。

ただし、企業においては、カード登録してボタン一つで、というやり方は、ちょっとあわないのかな、という気がしていますので、個人客より、実は法人客の多いセミナールームとしても、やはり通常の処理がいいのかな、と思います。

で、このポータルサイトがホテルにもあるわけですが、というか、ホテルの場合、旅行代理店か楽天トラベルやじゃらんといったポータルサイト系からの予約になると思います。

その方が、公式ホームページからするよりも安いですから。

で、その民泊ですが、エアビがポータルサイトとしては走りになるわけですが、いろいろ、いろいろあって、他社もこれからは本格参入すると。

楽天にしても、JTBにしても、大手企業が参入してくるのは、一種脅威ですよね。エアビとしては。

大家さんとしては、一つうれしいことがあるとすれば、ポータルサイト同士で競争して、手数料を引き下げてくれないかな、という感じでしょうか。

実は、貸し会議室もいろんなところがポータルサイト化しつつあります。
よく同業者から、内から紹介しますから、なんてあんないがあったりしますが。

いりませんw

手数料を見込んでの価格設定はしていいませんので、そこまで払うつもりはない、という状況ですね。
この手数料ビジネスにいたっては、正直、気に入らないので。

で、ホテルはなしに戻りますが。

この民泊が宿泊施設のウエイトを占めることで、普通のホテルの価格競争も始まっているそうで、9%も宿泊費がさがった、というデータがあるようです。

ホテルと民泊は競合関係にあるのか、っていうはなしですが。
自分は、ないんじゃないの?という気がしてなりません。

9%下げたホテルの種類がどういったものか、にもよると思います。

リゾート系のホテルは、まずまちがいなく関係しませんよね。
沖縄行って、ひとんちとまります?

価格に関係なく、そういったところで激安でという人は、そもそもその宿泊先がなかったらリゾートになんてこないお客さんたち、と思ってしまいます。

やっぱり一番影響をうけるのが、ビジネス系でしょうか。
より、簡易に近いものほど。

ほんとに、とまれればいいから!という人たちが普段からえぶホテルは競合関係になってしまうでしょう。
そいうったホテルが値下げしてるのかな、と予想しますが。

実体はどうなんでしょうね。

少なくとも、沖縄のリゾート系ホテルは、ここ何年も、ずっと変わりません。
やすくなってくれればいいのにw

那覇も変わらないですね。
じゃっかん、ビジネス系もあるんですがかわらないですね。
かわればいいのにw

さて、東京がやっぱり物件数からしてもメインになる民泊だとおもいますが、実は、東京に泊まろうとしても、どんどん高くなるだけで、9%安くなっている、というのが実感できないでいます。
むしろ、4、5年前に比べてたかくなってるような。1000~2000円は。

高級カプセルホテル系がいますごい増えていますが、これらが平均値をさげてんじゃね?としか思えないですね。

こちらは確実に民泊と競合関係にあると思います。

単純に新聞の話をみていると、ホテルね下がったラッキーってよめてしまいますが、実際はそうではないとおもいますんで、記事をうのみにすることはないようにしたいですね。

さて、民泊ですが、180日営業という意味不明の縛りができていますが、こちらについては参入する大手企業はどう考えているのでしょうか。

大手企業だったら、いっそのこと、宿泊業ができる携帯にしてしまえばいいのに、とおもいますが。
実際していくのかな?

いずれにしても、やり方次第では全く儲からないことが計算されつつある民泊ですが、その中でも、うまいこと数字が成り立つように、日々調査している次第です。

貸し会議室も、同じように1、2年前にポータルサイトへの登録がぶわっと増えたんですが、不動産やさんに聞くと、撤退している個人がかなりいるらしい、といってました。

実際、名古屋で次の物件を探していた時に、「あ、これ、サイトに載ってた」という、まさにその部屋を紹介されましたw

やっぱり成り立たないんですよね。
ポータルサイトを使ってると。

計算すればすぐにわかりそうなのに、不思議ですね。

なんとしても、リゾート地にピン泊を持つんだ!と不純な動機でいます。

石田純一が冷麺屋を沖縄に作った理由も、単純に何か理由つけていきやすくするため、しかないにきまってますから。

 

新宿の備品無料、格安貸し会議室 新宿セミナーオフィスでした!

 

民泊とホテルとで価格競争というようなお話をしましたが、

弊社貸し会議室に置いても、オフィス物件か住居物件で投資目的として行っている貸し会議室の競争があります。ちょうど、民泊とホテルの図式に似てますが。

とにかく、価格が安すぎる。

ビジネスユーザーが住居物件でのミーティングなどはあまり考えられませんが、個人ユーザーからしたら相当魅力的な価格なのかなぁ、と思ったりします。

が、採算をどうとるのかが、やっぱり疑問で仕方がありません。

さて、1年後、どうなっているのかな、というところでしょうか。

 

 

せっかくなので、こちらもご覧ください!

最大24名まで収容可能 新宿セミナーオフィス ルームS1

最大15名まで収納可能 新宿セミナーオフィス ルームS2



コメントを残す

サブコンテンツ















このページの先頭へ