新宿御苑前 貸し会議室が考える、ジェネリック医薬品の利用背景とは?

東京の新宿は、新宿御苑前にて貸し会議室を運営しております「新宿セミナーオフィス」です。
四ツ谷三丁目からも徒歩3分、新宿三丁目も徒歩圏内です。

セミナーや会議に必要な備品は全て無料でお使いいただけるので、
トータル格安料金にてご利用いただけます!

2019年1月現在、最大15名、24名の二会議室をご用意いたしております。

貸し会議室の運営もなかなか難しいものでして、
名古屋と大阪でもやっているのですが、東京が一番むつかしい!

そんなこんなで日経新聞の記事を見ながら、日々勉強をしている毎日ですが。

今回、下記の記事について考えてみました。

後発薬使用率、地域差大きく
最高は沖縄、最低は徳島 所得・年齢・慣習絡む

ジェネリック医薬品、ってやつですね。

もともとの臆するの製造方法なんかが、特許切れでどこでも作れるようになったために、
後発のメーカーが半額とかでうっている薬、ですね。

なぜこのような記事が日経新聞に載るのか、っていうのも、ちょっとわかりませんが。

被保険社に対してアピールしてよって、国がゆってきたんですかねw

でも、医療費が税金に対してものすごくかさんできている今、
薬代を抑えるっていうのは、ものすごく重要は話だと思います。

で、その医薬品の価格と、弊社新宿御苑前の貸し会議室と、どうかかわってくるのか。

まぁ、一つは、後発の者の方が、安くてもそれなりに品質だ、というのが
同じじゃないのかな、と思いまして。

前例があって、目安の価格も決まってて、

その中で初期段階で調整してスタートできるっていうのは、一つのメリットですよね。

やるかやらないか、の選択も、もともと計算できてしまうわけで。

同等の品質で、半額だったら、そっち選びますよね。

でも、この記事によると、そうでもないと。

後発薬の使用率が、地域によってずいぶん違う、という結果があるようです。

もっとも使用率の高いのは、沖縄。

理由は、所得にあり、としています。

当然、っていえば当然の結果かと思いますね。

お金なければ、安いのを買うしかないですから。

沖縄の所得が一番低いっていうのは、昔から言われていることで。

単純に、賃金という意味ではそうかもしれませんが、
物価だとか、実はその辺で野菜とかもらえちゃったりとか、

そいういう総合的な部分で考えたら、どうなんでしょうね。

少なくとも、那覇市内に限っては、そんな圧倒的に賃金が低いとか、
そういったこてはないような気もします。

都市部は大手が来ていて、社内的に給料がかわる、なんてこともないでしょうから。

コールセンターが多いっていう話は聞きますが、
バイトの賃金は安いのは、ありますね。

以前、沖縄に行って、那覇で用事があったので、夜は定食でも食べようとしたら、
定食屋のとびらに、

時給700円 パート募集!

っていう衝撃的な貼り紙見ましたからw

今どき、ある?700円て。。

自分らが高校生のころ、高校生バイトが時給650円だったことはあった気がしましたが。。
750円かな?

大学生の深夜で1000円行くと、すっげーってなりましたからねw

今は、マックだって時給1000円出さないと倍と来ないですから。

それを考えると、バイト層は、やはり相当安いのかな、という気はします。

ただ、それでも私がそんなに安くないよって思うのは、
物件の価格が高い!

ことあるごとに行ってますが、本とは、新宿とか、東京とかでなくって、
沖縄で事務所だしたいんです!

で、那覇市内でたまーに探したりするんですが、これが、高い!

名古屋以上かも。

名古屋、大丈夫かw

なので、企業としても、そんなに業績が悪いとか、そういう話はなくって、
単に、これまでの流れから、人件費が安くなっちゃってるんでしょうね。

でも、もうひとつ理由があるそうで、

昔、沖縄だけ医療費に足しいて還付制度を取っていたそうです。

なので、とりあえず払うのは実費で、後から戻ってくると。

そうなると、手持ちが必要になるんで、できるだけ安くって思いますよね。

そういった文化的な部分も作用しているとありました。

安いものに目がいく理由。

単に収入だけの藩士ではないようです。

そういった、文化とか、これまでの流れとか、そういったものも、
ある意味習慣的に根付いているものもあると。

貸し会議室で考えたら度名でしょう。

弊社の場合、とにかく価格ですね。
安い、ということでやっています。

それ故に、人が常駐しているわけではなく、セルフで会議室のセッティングは行ってもらっています。

会議室として、支出を抑えたいという理由で安い会議室を借りる、

という理由以外に、

安い、を求める理由っていったい何でしょうか。

てうか、あるのでしょうか。

その企業に根差したルール、てきな?

大手企業でも、会議の内容によっては、とにかく安いのを使っているとか?

名古屋では実際にありますね。

近所、ほんとすぐ隣のでっかい上場企業ばかりはいったビルから
社内会議をするために使いに来るっていうのが。

お客さん呼ぶわけじゃないので、値段優先、ということでしょうか。

他には何があるでしょう。

そういった部分いアプローチしないといけないなぁ、と思う今日この頃ですが。

いろいろと、考えてみたいと思いますし、
そのアプローチが一番むつかしいんだろうな、とも思いました。

で、記事の続きですが、

やっぱり自治体としては医療費をおさえるということで、

後発薬の使用を促しているようです。

これって、先発薬メーカーとしては大変迷惑なんじゃないかと思うのですがw

実際に使用率がぐんと上がっているところもあるようです。

後は、郊外になってしまうと、薬局なんかに後発薬のストックがなく、
どうしても先発薬を処方しないといけないと。

そうなると、後発薬を選びようがないですよね。

そういった事情で、先発薬の使用率が高いところもあるようです。

貸し会議室で行ったら、

都会にはものすごい数あるんで、安いところを選べるけど、

田舎にはそんなになく、今ある高いところでも使うしかないと。

そういう事情があるようですね。

薬品と会議室で違うのは、薬品は仕入れちゃえばいいわけですが、

会議室は作れませんからね。簡単に。

ただ、薬品も期限切れになったらだめなので、
人が少なくて回らないとこだと、いろんな種類の薬を置くわけにはいかない、ということでしょうか。

なかなか難しい問題ではありますね。

弊社としても、いろいろ考えないと、というところです。

新宿の備品無料、格安貸し会議室 新宿セミナーオフィスでした!



コメントを残す

サブコンテンツ















このページの先頭へ