新宿御苑前格安貸し会議室が考える、アップルのサプライズ決算

東京の新宿は、新宿御苑前にて貸し会議室を運営しております「新宿セミナーオフィス」です。
四ツ谷三丁目からも徒歩3分、新宿三丁目も徒歩圏内です。

セミナーや会議に必要な備品は全て無料でお使いいただけるので、
トータル格安料金にてご利用いただけます!

2019年1月現在、最大15名、24名の二会議室をご用意いたしております。

貸し会議室の運営もなかなか難しいものでして、
名古屋と大阪でもやっているのですが、東京が一番むつかしい!

そんなこんなで日経新聞の記事を見ながら、日々勉強をしている毎日ですが。

今回、下記の記事について考えてみました。

検証 サプライズ決算(5)海外編 米アップル
弱気覆した課金ビジネス、1~3月収入1兆円 脱・端末依存 着々と

以前、どこかのタイミングで、アップルがアプリで稼ぐ、という話を考えてみました。

アップルがアプリ開発をするのかな?とおもったんですが、

アプリの売り上げの手数料で儲ける、という手数料ビジネスですね。

アップルって、もともとハードで儲ける、というイメージが強かったんですが、

近年では、そのハードをもとに、金融関係だとか、音楽などのコンテンツ配信が売り上げを伸ばしていた、

という気がしています。

ただ、スマホも一段落して、また他社の追い上げ待って、

ハードはかなり厳しいようですね。

それにともない、次の稼ぎ頭としアプリの手数料、ということになるわけですが。

で、今回、それにより決算的にはサプライズを起こしているようです。

まず、アップルのハードが追い上げられている、といっても、

世界で13億台もの端末が動いているとのこと。

ちょっと、ぴんと来ないんですけど。。

ビジネスユーザーが絡んでるんで、人口に対して、という計算はあまり意味がないと思いますが、

あえてするなら、6,7人に一人。

子供やお年寄りを含めても。

やっぱり意味のない計算w

で、そういった市場が、アップル端末のアプリ開発をやりたい人たちを集める、というわけですね。

前回の記事にはなかったんですが、

その参加費は17万円ほどです。それが、毎年5千人ほど入ってくると。

こんなのはほぼ純利益になってしまいそうなんで(おそらく登録なんかもすべてAIとか)、

これだけで、8.5億円?

桁、あってます?

うーん。

かなり高額なチャリンチャリンビジネスですね。。うらやましー。

そのユーザーが頑張ってくれれば、さらにアプリ売り上げの15~20%がアップルに入ると。

それももうほぼ純利益ですよね。

また記事ではウォーレンバフェット氏の寸評がありますが、

まぁ、株の変動理由の解説なんてのはしょせん後付けに過ぎないので、その正否は置いといて。

で、市場の予測より大きく上回った要因として、

音楽配信がかなり校長のようで、これに代表されるようにアップルの収益体制が

ハードではなく、継続課金的なビジネスが大きくなて来た、というものらしいです。

正直、iphoneに代表されるハード面は、あまりいい話は流れてないと思います。

10も売れ行きいまいちみたいですし、在庫余りだとか、

関連会社とのごたごただとか。

そういった情報しかアナリストは見てなかったと。

その点、バフェット氏は、継続課金ビジネスの動向を評価した、とのことですね。

で、アップル問企業も、いまやハードから脱却する時代です。

かつて、iマックや、iphone、ipadを出した、ハードとして衝撃はありましたが、

それも、最近ではこれといってインパクトを残せてないのも事実ですし、

きっと、方針としてコンテンツ継続課金ビジネスに移行、ということなんでしょうか。

つまらなくなっちゃう、といえば、つまらないですねぇ。

アイデア、創造をあきらめて儲けにはしった、みたいな。

どうなでしょう。

当然、いろいろやってるのかな?

アップルって、基幹技術の開発とかっていう話はあまり聞きませんが、

そういう研究開発ってやってるんでしょうか。

グーグルなんかはいろいろ記事にして発表してますが、

アップルについては、記事になるのは新製品のリーク情報くらい。

でも、自動運転とかもやっているといいますし。

これだけ大きな企業であれば、当然やっているはずですが、

アッと驚かすために、そういった情報も一切出さないのかな?

HPとか、株主向けには色々出してるのかな?

そこまで調べる余裕がありませんが。

さて、まぁ、無理やりですが、貸し会議室など、不動産のソフトやコンテンツ、

という話をするとしたら

やっぱりポータルサイトしか思いつきません。

不動産仲介のポータルサイトとか、いろいろな契約によりますが、

契約が小さいと、1物件1月1万円の掲載料、ですね。

まとめて掲載するともっと安くなると思いますが。

貸し会議室のポータルサイトは、

掲載課金と、成約料との2つがありますが、

どちらもまーまーな金額です。

特に、成約料に関しては30%ぐらい。

まぁ、高いですね。

みなさん、そんなに取られて、儲かるんですか?って思います。

計算上、手間ばっかかかって、確実に儲かってませんw

東京、新宿などは、そういった波も一段落したようですが、

名古屋近辺はまだまだそういった投資家が頑張っています。

そんな話はいいとして。

で、やっぱりポータルサイトしか思いつかないのですが、

ほかになんかあるでしょうか。

やっぱり受け皿のサイズがあまりにも小さい。

アップル端末は、13億台ですから。

このハードによる市場、経済圏は、やっぱり相当な破壊力ですよねぇ。

ただ、他社のハード端末も、黙ってないと思いますので、

すでに勢力図がかわりつつあるなか、

アップルは同った端末支配を行っていくのでしょうか。

またいきなり、新しい何かを投入してくるのでしょうか。

それも、楽しみの一つですね。

ただ、創り続けないといけない、というのも、かなり大変なことですよね。



コメントを残す

サブコンテンツ















このページの先頭へ