新宿の備品無料 格安貸し会議室 未来の入居者育成

新宿の備品無料 格安貸し会議室 運営オーナーが日々の出来事から考える

スタートアップ、不動産が囲う 未来の入居者自ら育成
森トラスト、VCファンドに出資/三井不動産は休眠特許の展開支援

日経新聞のそんな記事から、考えてみました。

こんにちは。
新宿で備品無料、格安で貸し会議室を運営しております、新宿セミナーオフィスです。

貸し会議室運営もなかなか競合が多く、大変ではありますが、日経新聞でいろいろな記事を見ながら、日々考察する毎日です。

大手不動産屋がスタートアップの企業に対して支援をしている、という記事です。その大手というのは、森トラスト。

ベンチャーキャピタル(VC)ファンドに出資。三井不動産も企業が持つ休眠特許の海外展開を後押しし、場所に加えてカネやソフトも提供する。

まずは、物件を月単位で借りれたり、登録できたりとうインキュベートオフィス、ってよくわからないだけど、レンタルオフィス、みたいなものんかな?を始めるとのこと。

というものです。

で、なんでスタートアップ企業を支援するのか、というところなんですが。。

この支援したスタートアップ企業が、成長すれあば借り手となる、というシナリオ。
おいおいおい。
そんなことあるか?ってちょっと思ってしまいましたが。。

要は、借り手の育成。うーん、ちょっと、、現実味なさそうな気もします。。
うーん、他にもいろいろ支援を充実させてはいるんですが、、どうかなぁ。

私がそのお客さんになったつもりで考えると、、結局競争ですよね。
今支援してもらっている内容が、手狭になってきたと感じたとします。物件しかり、支援サービスしかり。

で、次にどうするか。
探します。

もっとお得なところを。
契約上、どういう縛りがあるかはわかりませんけど、もっとお得なところを探します。

この森トラストだとか、支援してくれるところのサービスがもっともお得なら、そのまま使いますが。
そういうわけではないので、わざわざ育成、ということをしているんだと思いますが。

おそらくは最初の契約の条項に入っているんじゃないかな、とはおもいますが。
支援する分のペイを後でこうこう、こういう手段でしなさいと。

あとは、インフラ等の縛り付け、ですね。

いろいろサービスを充実させて、軌道に乗って、大きくなってきて、手狭だな、さぁ外に出よう!
全部フラットにして、さあ探しましょか!

ってなった時に、通信インフラなんかが縛りになって、動けなくなってる、という展開はあり得ますね。

特に、電話番号がかわっちゃうだとか、ネットのドメインがかわっちゃう、だとか、、ほか、なんかあるかな。
そういった引継ぎができないと大変なもので縛るっていうのは、一つの手ですね。

大手なんで、いろいろなインフラ業者と手を組めば、インフラ業者は、もちろん契約者がふえるだけなので、何のリスクもないですし、喜んで、ということでしょう。

この辺りのセット販売的なのが、契約条項にあるのかな?

特許が絡んでるのは、そのためかな?
休眠特許を貸し出す的なこともあるので、特許はつかってもらっちゃったら、もう逃げられないですからね。使わせないよ、といわれたら、それまでですから。

ただ、休眠してる特許なんて、寿命がどれだけあるかは微妙ですけど。

さて、不動産、ということでこの記事に着目したんですが、内容としては、顧客をどう育てて、どう逃げないように囲い込めるか、という話でした。

あとは、このスタートアップ支援をする森トラスト、三井系の、提灯記事ですかね。そう。宣伝。

日経新聞に載せれば、当然、そう言うことを考えている人が見てるわけで、ただで宣伝できると。
すごい媒体ですw

弊社のように、小さな格安貸し会議室をやっている企業だって、その気になればネタを提供して、この会社はこんなことをしてるんですよ!って記事を掲載したら、そりゃもうすごい宣伝です。

一度、雑誌からの取材依頼なんてのがあったんですが、なし崩しになりましたw

 

さて、弊社がおこなっている貸し会議室にとって、顧客の囲い込みってどうするんだろうって。

これ、すごく重要ですよね。

うーん、物件スペックがよくって、値段がやすければ、それまでですからね。
他社さんはポイント制みたいなのにして、その分割引的にしていますが、それほど効果があるようには思えませんし。そのポイント分、こっちの方がやすいですよ、ということになれば、ねぇ。

やっぱりその点が、ニーズ商品の難しいところでもあり、他からおお客さんを取れるよ、というところでもあり。

割引くらいしか、思いつきませんよね。
でも、割引なんてのは、よっぽどのお客さんくらいしかできませんし。難しいところです。

 

新宿の備品無料、格安貸し会議室 新宿セミナーオフィスでした!

 

せっかくなので、こちらもご覧ください!

最大24名まで収容可能 新宿セミナーオフィス ルームS1

最大15名まで収納可能 新宿セミナーオフィス ルームS2



コメントを残す

サブコンテンツ















このページの先頭へ