東京新宿 備品無料の格安貸し会議室は考える 現金コスト

新宿の備品無料 格安貸し会議室 運営オーナーが日々の出来事から考える

現金大国コスト2兆円
ATM維持や輸送 銀行、構造改革の課題に

日経新聞のそんな記事から、考えてみました。

こんにちは。
新宿で備品無料、格安で貸し会議室を運営しております、新宿セミナーオフィスです。

貸し会議室運営もなかなか競合が多く、大変ではありますが、日経新聞でいろいろな記事を見ながら、日々考察する毎日です。

コスト計算のお話ですね。

これはどんな企業にも重要な話ですね。
まさか、銀行がそのようなコストを抱えているとは、知りませんでした。

見出しの現金大国、コスト2兆円、となっているので、
カードvs現金を比べると、現金払い、という行為自体にそれだけかかってしまうのかとおもってたんですが、話は全く別のところでした。

で、これが、東京は新宿の格安貸し会議室と関係するのかといえば、ぶっちゃけ、関係なしw

いや、コストを削減、削減して、格安でも運営できるように、という意味では、いいのかもしれませんが。
地域性は全くないですね。東京でも新宿でも、名古屋でも大阪でも。どこでも同じ。

で、です。

今回、このコストとされている部分は、現金を使う、すなわち、銀行から現金を引き出す、という行為が発生するわけですが、その方法は、もちろんATMですよね。

で、そのATMがかなりの曲者らしいです。

そりゃ、大金を飲み込んだ自動販売機みたいなものなんで、その管理、警備にお金がかかるって話はもちろんかと思います。

弊社の格安貸し会議室だって、警備、といっても監視カメラくらいですが、何かあった時に記録が必要ですし、抑止力でもありたいので、それくらいは維持する必要があると思いますが、まぁ、それだけといえば、それだけです。

それに比べ、ATMでは1台1月30万円ほどかかるらしいです。

多いですね。一台につき30万円て。
引き落としたところで、今や手数料無料のATMも多いわけでして、どっからその30万円をねん出しているんだろう、と思ったりします。

で、もっと厄介なのが、通帳、らしいです。

子の通帳というのは、いわば銀行の顔になるわけですよね。
それによってサービスも決まってくる、ということらしいです。

で、顔なわけでして、各行統一されてないらしく、それゆえにATMも一元化できないと。

記事の中では、それが理由で他行との合併ができなかった、なんて話もあるとのことで。
この通帳の機能が相当厄介らしいです。

通帳記入なんてATMでそんなしますか?と問われると。

してます。
会社の通帳は全部ATMで書き込んでいるんで、ATMがなくなったらとんでもなく手間です。
という企業が日本にはたくさんあるらしく、その便利機能をなくしてしまうことがかなり難しいらしいです。

そりゃそうですよねぇ。
今まであったもの、なくしたら怒っちゃいますからね。。

で、今まで便利すぎたがゆえに、変更が効かなくなっちゃった的な例になっているようですね。

そういった場合、次に進むには、もっと便利な機能をてがるにできるようにしないと、と。

今はネットバンキングが普通の銀行でもどんどん浸透してますね。
で、それを阻害しているのが、手数料、だった利するんじゃないかなぁと。

なんでATMで取引する方が安いねん!って。

せっかく問題のATMから人を放そうとしているのに、ATMに行きたくなるようなシステムにするのかが意味が分からない。

手数料ビジネスのダメなところですよね。
こっちにしたいんだけど、儲からないと意味がないから、のジレンマとでも言いましょうか。

腹くくったらいいのに。

せめて、ATMと同等にすべきなんじゃないだろうか、と、常に思うこの頃です。
法人契約のはなしですよ。はい。

さて、弊社も貸し会議室の利用料は銀行振り込みのみで行っておりますが、そろそろ考えたほうがいいのかなぁ、とおもったり。

ただ、カードって売る側からしたら手数料が高くついて、いやなんですよねぇ。
ぶっちゃけた話ですが。。

それを回収できるほどの収入があればいいんですけど。

 

新宿の備品無料、格安貸し会議室 新宿セミナーオフィスでした!

 

せっかくなので、こちらもご覧ください!

最大24名まで収容可能 新宿セミナーオフィス ルームS1

最大15名まで収納可能 新宿セミナーオフィス ルームS2



コメントを残す

サブコンテンツ















このページの先頭へ