東京新宿 備品無料の格安貸し会議室は考える 中国の無人店舗

新宿の備品無料 格安貸し会議室 運営オーナーが日々の出来事から考える

中国小売り、無人化の波
新興勢がコンビニ、蘇寧は衣料品でも スマホ決済、浸透追い風

日経新聞のそんな記事から、考えてみました。

こんにちは。
新宿で備品無料、格安で貸し会議室を運営しております、新宿セミナーオフィスです。

貸し会議室運営もなかなか競合が多く、大変ではありますが、日経新聞でいろいろな記事を見ながら、日々考察する毎日です。

 

人手不足と対になって記事になるのが、この無人化、ですね。
弊社東京は新宿の貸し会議室、だけでなく、大阪や名古屋の貸し会議室も無人にて展開しております。
格安ですから、おゆるしを。

真逆を行くのが、コンシュルジュをうたった貸し会議室ですね。
フロントに受付嬢を設置し、かつ、部屋を管理する人が常時いて、という感じで。

サービス的には、よいかとおもいますよね。
物件もそれなりのところでないといけないので、値段は跳ね上がりますが。

で、貸し会議室から話を戻して、無人店舗。

しかも、中国で、です。
自動販売機が置けない国んですが、無人の店舗は展開できるようですね。
さすがに店舗までぶち壊して商品をもっていこう、という輩はいないということでしょうか。

で、中国でできるもう一つの理由が、ネットユーザー、ネット認証。

当然、支払いが現金ではなく、カードだとかの電子決済になるわけですが、その認証が基本的にスマホ決済となるわけです。

現金を使わないメリット大ありだそうで、ニセ札でやられることもないと。

あるんです。
ふつーに出回っているんですよね、ニセ札。

お釣りをもらったら、まず確認しないといけないし、お店側も100元で払おうものなら、かなりチェックが入ります。

怪しげな街の両替所は、意外と安心できたり。
彼らにっとっては信用第一。ちょっとでもあそこの店で偽札がでた、なんていわれたら、
商売あがったりなんで。

日本人相手なら日本人コミュニティですぐにそういう情報は広がっちゃいますからね。

で、電子決済により商品が出てくると。
要は、コンビニまるごとのでっかい自販機じゃん!っていうだけなんですが。

日本でもたまにいニュースのネタになりますし、安全面で行ったら、自販機が設置できる国なんで、
もっとも安心して商売ができそうですが、そのインフラを整えるのが大変そう。

今だにカードを使わない人も多いですし、スマホ決済などもそれほどやっているといえません。
自分も、スマホ決済は、実はやってなかったりします。

先日、やりすぎコージーの都市伝説の、関スペシャルでやってましたが、
フィンランドは現金を持たない、というような感じでしたね。

現金フリーのお店もあるようで。

これくらいカード決済が普通の地域であれば、カード支払いで統一すればよいと思いますが、
日本はカードすらそこまで皆さんが使っていないように思いますし。

支払い方法として、現金は一番面倒ですし、当然人手がかかってしまう決済ですよね。
この辺り、やっぱり統一されないかなーとか思います。

弊社としても貸し会議室利用料金として、カード決済の導入が必要なのかな、とひそかに思ったりしてますが。
なかなかどうして。
いろいろなハードルがあって、組み込めないでいますね。

リフォーム事業にしたって、しはらいは現金振り込み何んで。
これについては、電子決済と同じでしょうか。

現場でお金を受け取るわけではありませんからね。

さて、中国に無人店舗。
うまくいくでしょうか。

ぜったいに装置が壊れたとして、あるていど放置のはずですw
決済だけ終わって商品が出てこないぞ!というのも、クオリティ的にはありそうな。。

中国でもっともこわいっていうのは、その点ですね。
基本的に、こちらがわるうございました、というのを絶対に認めないお国柄ですから。

さて、普及するでしょうか。
楽しみにですね。

 

 

新宿の備品無料、格安貸し会議室 新宿セミナーオフィスでした!

 

せっかくなので、こちらもご覧ください!

最大24名まで収容可能 新宿セミナーオフィス ルームS1

最大15名まで収納可能 新宿セミナーオフィス ルームS2



コメントを残す

サブコンテンツ















このページの先頭へ