東京新宿 備品無料の格安貸し会議室は考える 個人データの利用法

新宿の備品無料 格安貸し会議室 運営オーナーが日々の出来事から考える

個人データ独占に風穴日本でも「持ち運び権」
ネット企業に競争促す 政府検討

日経新聞のそんな記事から、考えてみました。

こんにちは。
新宿で備品無料、格安で貸し会議室を運営しております、新宿セミナーオフィスです。

貸し会議室運営もなかなか競合が多く、大変ではありますが、日経新聞でいろいろな記事を見ながら、日々考察する毎日です。

 

なんかこの話、大きすぎてよく見えてこないのですが。。

今はやりの膨大なデータをいろいろな場面に有効利用しようっていう話で、これまでは各企業が自分たちで集めたデータをもとに解析して、と理解していたのですが、それはあってるのかな。

で、そういったデータをみんなが見れるようにしようって話ですか?

そんなの、集めた会社が良しとするんでしょうか。
あるいは、有料かな?有料なら、わかりますが、とんでもない金額摂られてもな、といいう気がします。

で、です。

引き出すデータを何に関連付けて、とか、どういう属性で、とか、どこまで指定してできるのは、それはそれは非常に重要な要素になってくるように思いますが。

あとは、ベースがネットってことになると、そうでない人たちがもれることによる偏りはどう考察するのかっていうのも、一つのポイントになるように思います。

小さい子供や、お年寄りなんかが。

金融関係はネットに限らずなのであまり影響しないようにも思いますが。どうなんでしょうか。

で、弊社のような小さな格安貸し会議室を運営しているようなところは、なんの影響があるのか、といわれれば、、

ちょっと想像できないですねw

貸し会議室でしょう?
どういった人が利用しているか、というデータがほしい気はしますが、まぁ、それは自社の統計を取ってみればいいわけですし。

弊社のように、ネットでのみ募集しているのが前提としたらば、グーグルなどに集まっているデータで十分活用できそうですしね。

それ以前に、検索キーワード自体は今でもその重みはわかるので、それを使ってもできちゃうのかな?
わかりませんが。。

ほんと。
情報っていうことでその管理やらルールやらがすごい大変にりそうですが、そこは頑張って構築してもらって、本来の趣旨である独占にならず、広く企業が参入できる環境を作ってもらえたらうれしいですね。

で、そのサービスを安価に提供してもらえたらと思います!
これも一つのビジネスになりそうですね。

データ解析だとか、そういったものをやるだとかも。
そう。
データ解析は、自分の得意分野です!
技術系ですからね。

お試しでデータをもらえたりしないかな。

あ、データといえば、国が調査している内容って、すべて公開されているって知ってました?
どうやって調べればいいか忘れちゃいましたが、いろいろ役に立つデータが眠ってたりするようです。

さて、東京は新宿で運営しております格安貸し会議室ですが、そういった情報をもとに、今後どう発展していけばよいのか、紐解いてみたいと思います。

 

 

新宿の備品無料、格安貸し会議室 新宿セミナーオフィスでした!

 

せっかくなので、こちらもご覧ください!

最大24名まで収容可能 新宿セミナーオフィス ルームS1

最大15名まで収納可能 新宿セミナーオフィス ルームS2



コメントを残す

サブコンテンツ















このページの先頭へ