新宿 備品無料の格安貸し会議室は考える ファミマコインランドリー

新宿の備品無料 格安貸し会議室 運営オーナーが日々の出来事から考える

ファミマで洗濯も
コインランドリー併設500店

日経新聞のそんな記事から、考えてみました。

こんにちは。
新宿で備品無料、格安で貸し会議室を運営しております、新宿セミナーオフィスです。

貸し会議室運営もなかなか競合が多く、大変ではありますが、日経新聞でいろいろな記事を見ながら、日々考察する毎日です。

 

コンビニのロケーションビジネスがとまりません!

先日はコンビニがジムををひらく、という記事がありましたが、今度はコインランドリーだそうです。
表向きのねらいとしては、コインランドリーを併設することで、その待ち時間でイートインを使ってもらったり、コーヒー飲んでもらったり、という目論見だそうです。

確かに、ありますよね。待ち時間。
その間にコーヒー一杯、ってのも、ちょっとわかる気がします。

がつっと買い物するかといわれると、ちょっと疑問ですが。

コンビニのロケーションビジネスって、最も成功したのはやっぱりATMでしょう。
この手数料を計算すると、何十億って儲かるはずでして。

最近はネットバンクが広がってきたので、どうなんでしょうね。
コンビニATMって、みょうに高い手数料がついちゃうんで、自分も使わなくなってしまいました。

突然の振込(ってあるんかw?)でも、セブン見つけて、すっと言っちゃえばッてあるんですけど、手数料が余計に撮られたりとか。手数料ビジネス、反対派なんでw

あとは、各社ATMが手数料無料で引き落としができるようになっているので、今はどうなんでしょう。
ちょうど今UFJのATMの目の前にあるカフェにいるんですが、前、こんなに行列あったかな、というくらいの列です。数百円の差しかない、といえばないんですが。。大きいですよね。

効果的なんでしょうか。手数料無料。

 

で、話を戻すと、弊社が行っている東京は新宿という立地や、貸し会議室としては全くの無関係な記事だというのはそうなんですが。

無理やりつなぐとして、弊社の会場でそういうロケーションビジネスをやったらどうなるか。
まず大前提として、店舗が数店舗しかないんで、その時点でアウトでしょう!
アウト!

セブンのATMは、セブンイレブンがどこにでもあることが、一つの大きなメリットですよね。
銀行直営のATMは、どこにでもあるってわけではないですから。

ジムは、コインランドリーはどこにでもある必要はないですが。そういった施設を使うのに脚を運ぶであろう商圏内に1つあればよいわけで。

そういう意味では、その商圏はどれくらいなんでしょうか。ジムだったら、それなりに広いような気がします。探してもあんまりないですからね。

さらに貸し会議室にいたっては、いくら大手、つまりはTKPさんですら、大した店舗数があるわけではないので、ロケーションビジネスっていうのはちょっと難しそうです。

まぁ、それでもあえて言うのなら、普通に考えて、自販機?
むかし、オフィス物件に自販機コンビニを入れる、なんてのもありましたが、それも一つかと思いますし。

他に何があるんでしょうか。
セミナーに来るような人ん訴求できる商品の広告、とか?

実はこれもなかなか難しいんですよね。
広告を置いてしまうと、その同業者にとっては、いやな会場になってしまうわけで。公平な貸し会議室、という箱を貸すだけの業務としては、いただけない、となってしまいます。

たまにありますけどね。

コワーキングみたいなことろで貸し会議室もやっているところは、ひいきにしている会社や講師のチラシをおいているっていうの。客観的に考えれば、その他の同業者からしたら、自分のお客さんに、わざわざ同業者を宣伝するのと一緒ですから。

 

よくカフェとかに雰囲気の似た雑貨屋さんの広告が置いているような感じとかもありますが、貸し会議室で、そういった近い業者のチラシというのも、何があるのか、とか。

東京は新宿ってことを考えると、近隣に同業は多数いるはずで、どうせならそれら全部網羅しないといけないですよね。むしろ、それができれば、そういった業者がつかってくれるんじゃなー?って気もしなくはないです。

 

どっちにしろ、店舗数を多くするってことは、いろいろなビジネスを展開するひとつの大きな要因かな、とは常々思いますね。

ついで、というわけではないんですが、そいうった商品、皆さんはどれだけおいているのでしょうか。

 

 

新宿の備品無料、格安貸し会議室 新宿セミナーオフィスでした!

 

せっかくなので、こちらもご覧ください!

最大24名まで収容可能 新宿セミナーオフィス ルームS1

最大15名まで収納可能 新宿セミナーオフィス ルームS2



コメントを残す

サブコンテンツ











このページの先頭へ